レディ

二重整形の費用が安いと噂|理想の自分へ変身する近道

施術を受ける前に知りたいこと

ドクター

美容整形クリニックで大人気の二重整形は、プチ整形と呼ばれるだけあって短時間で終了するメリットがあります。美容室でカラーするより短時間で済むので、感覚としてはカットやネイル、まつエクをやりに行くような手軽な美容活動とも言えます。ただ、二重整形は一度手を加えると、髪の毛のように時間が経てば形が変わるというものではありません。
切開法に限ることですが、仕上がった二重の目元は半永久的にそのままの状態をキープできるでしょう。簡単に形を変えましょう、ということにはならないので、やはり二重整形をする前にはしっかり美容整形クリニックのことを調べておく必要があります。

埋没法だと、糸で留めるだけの二重整形となるのでナチュラルな仕上がりにした場合、その効果は約10年と言われています。埋没法に用いられる埋没糸は強力な効果をみせますが、年月の経過と共に徐々にまぶたを支える力が弱まってきます。持ちを長くする為には二重整形をしたとしても、まぶたの筋力がさらに低下しないように目のストレッチを始めておくといいですよ。二重整形しているに関わらず、まぶたの筋力は加齢と共に低下していくのでたるみによって徐々にまぶたが覆いかぶさってくる可能性があります。
お手頃な費用で受けられる二重整形は、受ける人の数が圧倒的に増えていきました。その持ちを長くする為には筋力を高めることが有効的ですが、費用を掛けてでも綺麗な状態をキープする為なら定期的に二重整形を受けると割り切るといいでしょう。これは埋没法に限って言えることで、頻繁に費用を掛けたくないということであれば切開法を選択することです。

切開法は埋没法と異なって、施術後に抜糸が必要になります。その為、埋没法と比較して美容整形クリニックに足を運ぶ回数は多いと言えるでしょう。術後も幾度かアフターケアを受けるようにと指示されます。腫れが完全にひくまでには時間が掛かりますが、最も理想に近い目元に近づけるのは切開法です。派手目だと言われる5ミリ以上の二重幅にするなら、逆に埋没法では難しいものです。幅広いまぶたを糸で留めるには限界があり、10年と言わず、それよりも早く二重幅が狭くなり始める可能性があるのです。
せっかく費用を掛けて変身したのだから、二重整形の持ちを長くする為にも、医師には希望する二重を作り上げるに適した二重整形を尋ねておきましょう。人によって好みの目元は異なります。もっと要求を出すなら、憧れの芸能人の目元に近づけることも可能でしょう。